競馬無料情報を駆使し中央競馬で競馬必勝法!

産経大阪杯2011

産経大阪杯2011

日曜日に行われる産経大阪杯について傾向を見てみました。
過去10年で優勝した馬は全て関西馬というこのレースではありますが、前走をどの競馬場で走っていたかに注目してみると半数の5頭は前走が中山競馬場でした。
成績も(5・4・4・16)と13頭もの3着内馬を出す活躍を見せており、連対率31%、3着内率44%という数値を残していました。
ただ、それを上回る好走率をマークしているのが前走東京競馬場組で、(1・4・0・6)と数は少ないものの、連対率45%という高い数値でした。
これらのデータを見る限り前走で関東圏の競馬に出走していた馬が活躍する傾向にあると言え、中でも前走で中山競馬場か東京競馬場のレースに出走していた関西馬は要注意が必要と考えています。

オーシャンステークス2011

オーシャンステークス2011

土曜日に行われるオーシャンステークスについて傾向を見てみました。
このレースは、シルクロードステークスをステップに参戦してくる馬が多く、過去5年を見ても出走馬計80頭中半数近くの36頭が前走シルクロードステークス組でした。
しかし、ここ5年でシルクロードステークス組が優勝した例はなく、2着4回、3着1回の成績に留まっています。
ちなみに前走シルクロードステークス組で3着内に入ったこの5頭は、全て6番人気以下だった点も注目したいポイントです。
前走がシルクロードステークスだった事に加え、このオーシャンステークスで上位に入る人気を集めた馬は人気に応えられないケースが多く、過度の信頼は禁物と言えそうです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。