競馬無料情報を駆使し中央競馬で競馬必勝法!

福島テレビオープン予想

福島テレビオープンが6月24日福島競馬メインレースとして行なわれる。
芝1800メートルのオープン特別。
本命はアドマイヤメジャー。
前々走、約4ヶ月ぶりのレースで京都芝1800メートルのオープン特別都大路ステークスを1秒8差15着。
続く前走、阪神芝2000メートルのGIII鳴尾記念で1秒差6着。
今回は叩き3戦目でオープン特別のここでは格上の存在。
変わり身十分。
相手はビッグウィーク。
一昨年の菊花賞馬とメンバー唯一のGI馬。
最近は2桁着順が続き頭打ちだが夏場は得意。
4ヶ月の休み明けで一変あるか。
他では条件戦2連勝後のオープンで敗れたトランスワープは4ヶ月の休養でリフレッシュ、条件戦3連勝後の前走、GIIマイラーズカップで大敗したドリームバスケット。



◎アドマイヤメジャー
○ビッグウィーク
▲トランスワープ
△ドリームバスケット

バーデンバーデンカップ予想

バーデンバーデンカップが6月17日福島競馬メインレースとして行なわれる。
芝1200メートルのオープン特別。
ハンデ戦。
本命はケイアイアストン。
休養明け後の過去2戦は斤量58キロ背負って共に2桁着順。
今回は叩き3戦目でハンデ2キロ減。
相性の良い横山典騎手で巻き返し十分。
相手はインプレスウイナー。
前々走、東京芝1400メートルの準オープンを勝つと昇級戦の前走、東京芝1400メートルのGII京王杯スプリングカップで0秒1差3着。
今回は相手関係が楽になった上にハンデ据え置き。
前身必至。
他では距離短縮、ハンデ50キロと条件好転の3歳牝馬ビウイッチアス、スプリント戦での安定感高いテイエムオオタカ。


◎ケイアイアストン
○インプレスウイナー
▲ビウイッチアス
△テイエムオオタカ

天保山ステークス予想

天保山ステークス。
6月10日阪神競馬ダート1200メートルのオープン特別。
本命はファリダット。
前走、京都ダート1400メートルのオープン特別栗東ステークスに出走。
後方追走から直線大外一気の末脚で豪快に伸びて快勝。
頭打ち状態から脱して久しぶりの勝利を得た。
今回は1ハロン距離短縮となるが母はスプリント女王ビリーヴで問題なし。
ダートで連勝目指す。
相手はトーホウチェイサー。
前々走は阪神ダート1400メートルのオープン特別コーラルステークス出走。
速い流れの追走で一杯となり1秒7差11着と大敗。
距離も1ハロン長かった印象。
前走、中山ダート1200メートルのオープン特別京葉ステークス0秒4差5着とやや持ち直し。
速い時計の出る馬場が苦手で函館歓迎。
他では単騎逃げが見込めるアーリーロブスト、阪神コース4戦3連対のゼンノベラーノ。



◎ファリダット
○トーホウチェイサー
▲アーリーロブスト
△ゼンノベラーノ

ストークステークス予想

ストークステークスが6月3日阪神競馬メインレースとして行なわれる。
芝1600メートルの準オープン。
本命はベストクルーズ。
前走、5月13日京都芝1800メートルの準オープンに出走。
昇級初戦だったが逃げ粘って0秒1差4着と健闘。
今回は昇級2戦目で8戦して着外2回と得意の阪神に舞台替わり。
今回は勝機十分。
相手はミカエルビスティー。
叩き2戦目で前身が期待された前走、東京芝1800メートルの準オープンは1秒2差8着と案外な結果。
馬体はプラス6キロと休み明けより更に太め。
今回は意欲の連闘策で今度こそ前身狙う。
他では去勢明けの前走、京都芝1600メートルの準オープンで0秒1差4着と健闘したシェーンヴァルトは叩き2戦目、復帰後2戦を3着3着と好走しているスマートシルエットは叩き3戦目。


◎ベストクルーズ
○ミカエルビスティー
▲シェーンヴァルト
△スマートシルエット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。