競馬無料情報を駆使し中央競馬で競馬必勝法!

第32回小倉2歳ステークス

第32回小倉2歳ステークスが9月2日小倉競馬芝1200メートルを舞台に行なわれる。
2歳GIII。
前走、2歳未勝利戦を勝ち上がったクロフネサプライズが出走する。
前々走、8月4日小倉芝1200メートルの2歳新馬戦でデビュー。
初戦は0秒1差4着と敗れた。
続く前走、8月25日小倉競馬芝1200メートルの2歳未勝利戦を快勝。
初戦から1秒以上時計をつめての勝利だった。
今回は3戦連続小倉芝1200メートルが舞台。
キャリアの浅い2歳馬ではこのコース経験は大きな武器。
未勝利からの連勝で重賞初制覇なるか。

第7回キーンランドカップ

8月26日札幌競馬芝1200メートルを舞台にサマースプリントシリーズ第5戦目第7回キーンランドカップが行なわれる。
前走、GIIIアイビスサマーダッシュ10着のビウイッチアスが出走する。
前々走、福島芝1200メートルのオープン特別バーデンバーデンカップに出走。
初の古馬相手となったが2着馬に1馬身差をつけて圧勝。
続く前走、7月22日新潟競馬直線1000メートルを舞台のGIIIアイビスサマーダッシュでは0秒9差10着と敗れた。
今回は不慣れな直線競馬から通常のコースに戻る。
3歳牝馬の巻き返しなるか。

第47回北九州記念

第47回北九州記念が8月19日小倉競馬芝1200メートルを舞台に行なわれる。
ハンデ戦のGIII。
サマースプリントシリーズ第4戦目。
前走、1000万特別を勝ち上がったスギノエンデバーが出走する。
前走、7月29日小倉競馬芝1200メートルの1000万特別佐世保特別を快勝。
今回昇級戦でいきなりの格上挑戦。
だが、今年春までオープンに在籍していた事を考慮すれば格上挑戦は形だけと言える。
ハンデは2キロ減の55キロ。
再度前走と同じ小倉芝1200メートルが舞台。
オープン勝ちはないが今回で6度目の重賞挑戦。
前走、勝利の勢いで金星なるか。

しらかばステークス結果

8月5日札幌競馬メインレースとしてダート1700メートルを舞台に行なわれたオープン特別。
ハンデ戦。
道中後方追走の1番人気サイレントメロディが直線大外から豪快に伸びて快勝した。
鞍上は横山典弘騎手。
2着は2番人気セイリオス、3着は13番人気プリンセスペスカ。
勝ったサイレントメロディは前々走、中山ダート1800メートルGIIIマーチステークスで重賞初制覇。
前走、京都ダート1900メートルGII東海ステークス3着。
今回は約2ヶ月半の休養を挟んでのレースだったが好調持続で完全本格化と言える成長振りを見せた。
札幌ダートコースも今回で2戦2勝。
充実一途の状態で秋のGI戦線に参戦する。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。