第146回天皇賞 - 競馬無料情報を駆使し中央競馬で競馬必勝法!

第146回天皇賞

10月28日東京競馬芝2000メートルを舞台に伝統のGI第146回天皇賞(秋)が行なわれる。
前走、GI安田記念9着のサダムパテックが出走する。
2歳時東京芝1800メートルGIII東京スポーツ杯2歳ステークスで重賞初制覇。
続く中山芝1600メートルGI朝日杯フューチュリティステークス4着。
3歳初戦中山芝2000メートル皐月賞トライアルGII弥生賞勝ち。
この成績でクラシックでは主役と目された。
だが初戦東京芝2000メートルGI皐月賞は2着。
続く東京芝2400メートルGI日本ダービーは7着。
最後の1冠京都芝3000メートルGI菊花賞は5着と結局無冠に終わった。
今年からはマイル路線に変更。
前々走、東京芝1400メートルGII京王杯2歳ステークスで久しぶりの重賞勝ちを収めている。
だが前走、東京芝1600メートルGI安田記念では9着と沈んだ。
ここまでGIレースでは壁を感じる成績。
今回は約4ヶ月の休み明けだが使い込むよりフレッシュな状態の方が力を発揮するタイプ。
悲願のGI制覇なるか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。