中央競馬情報一覧 (3) - 競馬無料情報を駆使し中央競馬で競馬必勝法!

第17回秋華賞

10月14日京都競馬メインレースとしてGI秋華賞が行なわれる。
芝2000メートルの3歳牝馬限定戦。
前走、GIオークス8着のサンシャインが出走する。
昨年12月18日阪神芝1600メートルの2歳新馬戦でデビュー。
初戦を快勝する。
すると2戦目で今年1月8日京都競馬芝1600メートルGIIIシンザン記念でいきなり重賞挑戦。
しかし11着と敗れた。
そして2月4日京都競馬芝1600メートルの3歳牝馬限定オープン特別エルフィンステークスに挑戦。
勝利して2勝目を挙げた。
そこからトライアルをパスしてクラシックに直行。
だが初戦阪神芝1600メートルGI桜花賞は10着。
続く東京芝2400メートルGIオークスでは8着。
結果を残すことができなかった。
今回はそれ以来の復帰戦。
春は今一歩に終わったサンシャインがラスト1冠で存在感を示すことが出来るか。

パララサルー秋華賞回避

秋華賞トライアル、中山芝2000メートルの3歳牝馬限定オープン特別紫苑ステークスを勝ったパララサルーが両前脚の腱鞘炎のため秋華賞を回避することになった。
パララサルーは春、未勝利、500万、桜花賞トライアルのオープン特別アネモネステークスと3連勝で阪神芝1600メートルGI桜花賞に駒を進めた。
だが、伸びを欠いて9着。
その後脚部不安でクラシック2冠目オークスを回避して休養。
秋初戦として紫苑ステークスで復帰。
見事快勝で牝馬3冠最終戦京都芝2000メートルGI秋華賞の有力馬と目されていた。
今後は放牧休養となる。

紫苑ステークス

9月8日中山競馬メインレースとして秋華賞トライアル紫苑ステークスが行なわれる。
芝2000メートルのオープン特別。
前走、GIオークス3着のアイスフォーリスが出走する。
前々走、東京芝2000メートルGIIフローラステークスで0秒4差2着。
前走、東京芝2400メートルGIオークスでは0秒9差3着。
春のクラシックで存在感を見せ付けた。
今回は約4ヶ月ぶりの実戦。
実りの秋に向けてまずは2勝目を目指す。

第32回小倉2歳ステークス

第32回小倉2歳ステークスが9月2日小倉競馬芝1200メートルを舞台に行なわれる。
2歳GIII。
前走、2歳未勝利戦を勝ち上がったクロフネサプライズが出走する。
前々走、8月4日小倉芝1200メートルの2歳新馬戦でデビュー。
初戦は0秒1差4着と敗れた。
続く前走、8月25日小倉競馬芝1200メートルの2歳未勝利戦を快勝。
初戦から1秒以上時計をつめての勝利だった。
今回は3戦連続小倉芝1200メートルが舞台。
キャリアの浅い2歳馬ではこのコース経験は大きな武器。
未勝利からの連勝で重賞初制覇なるか。

第7回キーンランドカップ

8月26日札幌競馬芝1200メートルを舞台にサマースプリントシリーズ第5戦目第7回キーンランドカップが行なわれる。
前走、GIIIアイビスサマーダッシュ10着のビウイッチアスが出走する。
前々走、福島芝1200メートルのオープン特別バーデンバーデンカップに出走。
初の古馬相手となったが2着馬に1馬身差をつけて圧勝。
続く前走、7月22日新潟競馬直線1000メートルを舞台のGIIIアイビスサマーダッシュでは0秒9差10着と敗れた。
今回は不慣れな直線競馬から通常のコースに戻る。
3歳牝馬の巻き返しなるか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。